MENU
ぱんちょ
管理人
▶80's夫婦+3児
▶沖縄南部で30坪2階建て計画中
▶沖縄で試す高気密・高断熱
▶木造住宅ZEH必須
▶マイホーム計画をはじめるための役立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします♫

<主な教材>
・書籍
・YouTube
・Twitter
・Instagram
おすすめ見積もりサービス

計画書
\すべて無料で作ってもらえる/

ブログランキング参加中


応援(ポチり)して頂けると嬉しいです

お問い合わせ

【タウンライフ家づくり】これに注意!資料請求で後悔しないための3つのポイント

  • 理想の家づくりを成功させるためには、注文住宅会社の資料請求は必要?
  • 資料請求にコツってあるの?コツを知って後悔はしたくない!

今回は、そんな相談にお答えします。

結論から言うと、タウンライフの一括資料請求は超カンタンです。

さらに言うと、「間取りプラン、資金計画、土地探し」も複数社からネットで簡単に資料請求ができます。

タウンライフの一括資料請求だと時間を選ばず、ネット環境さえあれば場所も選ばず資料請求をする事ができます。

とはいえ、初めて利用する人にとっては「どうやってやるんだろう」と不安に思う気持ちも分かります。

せっかく無料で「間取り」「資金計画」などが詰まった資料請求ができるのに、失敗して後悔するのはいやです。

たしかに、私がタウンライフの資料請求をした時、「これだけは注意しないといけないな」と思った点があります。

今回は、私がタウンライフで資料請求を経験したからこそ感じた、資料請求で後悔しないための3つのコツを詳しく説明します。

この記事を書いている私は
  • 沖縄県在住(5人家族3児の父) 
  • 38歳で家を建てるのを決心
  • 子ども達が成長するにつれマイホームの必要性をひしひしと実感
  • 「より安く」「自分に納得」のいくマイホームを建てるため、書籍、You Tube、Web検索などで猛勉強

理想のマイホームを建てるたはじめの一歩として、住宅会社への資料請求があります。

今回はタウンライフでの一括資料請求ですが、タウンライフが扱っていない住宅会社への問い合わせにも応用できるように記事にしてみました。

それではいってみましょう。

あわせて読みたい

複数社の見積もりと間取りが
\無料で一括資料請求できる/

もくじ

タウンライフ家づくりの資料請求!後悔しないための3つの方法

タウンライフの資料請求はそこまで難しくはありません。

しかし、初めて資料請求する方にとってはどうしたらいいのか、不安は残ります。

実際に私も資料請求の時は不安がありました。

ここでは私が資料請求をするときに意識した、「後悔しないための3つの方法」を紹介します。

その方法とは次の3つです。

  • 必要な書類を添付する
  • 要望があれば添付する
  • 営業電話が嫌なら一言添える

それでは一つ一つ説明します!

必要な書類を添付する

資料請求する時には、現在知りうる書類はデータとして添付します。

そうすることで、資料請求先の建築会社に、あなたオリジナルの具体的な間取り計画や見積書を提案してもらえます。

私の場合、土地との出会いのタイミンがよく、タウンライフに問い合わせる時には土地を購入していました。

そのため、分筆図や土地住所、具体的な坪数、建築条件などが分かっていました。

タウンライフでの資料請求は優秀で、問い合わせフォームにデータの添付が可能です。

タウンライフだと希望を伝えるための、資料を請求するときに必要データや、間取りの要望などのデータを添付する事ができます。

もし、具体的な資金計画や、理想の間取りプランを考えている人は迷わず資料添付しましょう。

そうすることで、問い合わせ先の住宅会社さんも、あなたの要望に合わせたプランを作ってくれる可能性が高くなります。

あわせて読みたい

添付した資料「プラン希望共有シート」が優秀ので記事にしました。
住宅会社とのプランニングの便利アイテム!家づくりプラン希望共有シートが超優秀!

要望があればデータにして添付する

資料請求の時には、間取りや希望の設備など要望もデータにして添付することができます。

建築会社にとっては、施主がどんなマイホームにしたいかを100%知ることはできません。

だからこそ、少しでも自分が希望するマイホームのイメージを伝える必要があります。

私の場合、You TubeやInstagram、Pinterestなどインターネットから情報を収集しました。

情報はDropboxにフォルダを作って、いつでも見返せるようにしました。

参考までに、私が資料請求までに活用したツールたちを紹介します。

設備や間取りで参考になったツール

せやま大学-You Tube

「家に金をかけるな、質は担保しろ」のせやま大学のせやまさんの持論に納得。マイホームを建てるために情報収集したとき、一番最初に出会ったチャンネル !
家づくり せやま大学【ちょうどいい塩梅の家づくり】

HAPINICE-You Tube

本業は愛知県豊橋市を中心に地域密着の工務店を営んでいるHAPINICEの代表である林拓未さんが運営しているYou Tubeチャンネル。「大工としての経験」「自分のマイホームの経験」「沢山の方から家づくりを託された経験」をいかした役立ち情報が満載でした。
HAPINICE代表 林拓未

理想のまどり.com

せやまどりのルールにしたがって、無駄のない間取りがネット上に転がってないか探すときに役立ちました。
理想のまどり.com

Pinterest

注文住宅だからこそ、自分好みの設備でこだわりのマイホームを建てたいですよね。
“間取り”や”書斎”とキーワードを検索すると、関連した無数の画像がヒットします。
Pinterest.jp

\外構で参考になったツール /

庭ファン-You Tube

建物本体だけならせやまどりで十分ですが、外構の知識を見落としていました。
エクステリア・外構オタクとだけあって、ものすごい知識で情報を発信してくれています。
建築会社の言われるままに外構を進めてしまうのが不安と思っている方におすすめです。
庭ファン【外構の大学】

\情報をまとめるためのツール/

Dropbox

クラウドデータにして、スマホからもパソコンからも情報を共有することができます。
フォルダのURLを共有すると、家族や建築会社とデータを共有することができます。
Dropbox.com

私が資料請求までに活用したツールたちを紹介してきました。

もし、資料請求するなら間取りや希望の設備などの要望を出せるように準備することをおすすめします。

タウンライフであれば、資料請求の時に要望をデータと添付できるので、自分が希望するマイホームのイメージを伝えることができます。

施主として、建築会社に「どんなマイホームにしたいか」を伝えることができれば、より理想の間取りや具体的な資金計画を提案してもらえます。

営業電話が嫌なら一言添える

資料請求する時には、営業電話をして欲しくないと不安に思う方もいるはずです。

タウンライフでできる資料請求では、備考欄も用意されているので、 そこに「営業電話をして欲しくない 」その旨を一言伝えます

私の場合は備考欄に「日中は電話が取れないためメールでのやり取りを希望します」と一言そえました。

たしかに、電話でのやり取りが手っ取り早いと思う方も中にはいるかも知れません。

しかし、メールでやり取りを行うと次のようなメリットがあります

  • メールでのやりとだと、やり取りの足跡がつく
  • 電話では言葉足らずになりがちだけど、メールだと伝えたいことに時間をかけられる
  • 電話だと基本的に即答が求められるが、メールだと自分のペースで返事ができる

このように、タウンライフで資料請求する時には、「日中は電話が取れないためメールでのやり取りを希望します」などの旨を一言伝えることをおすすめします。

ついでに、メールでのやり取りを中心に相談をするとやり取りの足跡がつきます。

ここまではタウンライフ家づくりの資料請求する時のコツをお話ししました。
このコツを知っているだけで、タウンライフの資料請求した後の流れもスムーズにいきます。

そもそも資料請求のタイミングはいつがいいのか

👉資料請求の方法は分かった!
👉どのタイミングで資料請求をしたらいいのか悩んじゃう…。

資料請求はどのタイミングがベストなのでしょう。

結論から言うと、基本タイミングは「気になったやる」でOK

その理由として、家づくりを進め方は十人十色だからです。

すべての人が同じような家づくりのステップで進めているわけではありません。

土地が見つからず、建築会社から決定する人。

土地はすぐに見つかったけど、建築会社が決まっていない人。

ちなみに我が家は、タイミングよく土地は見つかったけど、建築会社が決まっていませんでした。


建築会社側も、数多くのお客様を対応されています。

悩むだけ時間がもったいないです!

資料請求のタイミングは「気になったやる」でOKです!

極論、問い合わせたからと言って大きな失敗ははありませんので、心配なさらず。

まとめ

  • 理想の家づくりを成功させるためには、注文住宅会社の資料請求は必要?
  • 資料請求にコツってあるの?コツを知って後悔はしたくない!

今回は、私がタウンライフで資料請求を経験したからこそ感じた、資料請求で後悔しないための3つのコツを詳しく説明しました。

  • 必要な書類を添付する
  • 要望があれば添付する
  • 営業電話が嫌なら一言添える

私はこの3つに注意してタウンライフの資料請求をしました。

参考になれば幸いです!

注文住宅の
\おすすめ資料請求ツール/


我が家も現在家づくり進行中。

理想の家を建てるための”足あと”を残しているので良かったら見ていって下さい^^


最後まで読んでいただきありがとうございます!
良かったら、感想や疑問、何でもコメント下さい♪

沖縄の建築情報が少ないのが難点!
お互いに情報交換しましょう☆

沖縄で一軒家を建てる施主さんと交流したい!

TwitterInstagramでも情報発信中/
沖縄での家づくりについて発信✨
ぜひ、のぞいてみて下さい👀

LINEオープンチャット「沖縄家づくり情報局」

2022.05
LINEのオープンチャット開設!

沖縄でゼロから家づくりに悩んでいませんか?そんな方にとって情報収集&情報交換ができる場をつくりました!

参加方法

  • スマホでQRコードを読み取る
  • または、コチラから参加できます^^
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
TOP
もくじ
閉じる